So-net無料ブログ作成

ちょっと調べてみた!テニスのシャラポワのドーピング!? メルドニウムについて

スポンサーリンク




昨日から今日にかけて、ニュースになっている
テニス界の妖精「マリア・シャラポワ」選手のドーピング陽性に関して調べてみたいと思います。



まずは、マリア・シャラポワ選手について
8243348.jpeg





ロシア・西シベリアに位置するチュメニ州ハンティ・マンシ自治管区・ニャガン市出身の女子プロテニス選手。これまでにWTAツアーでシングルス29勝、ダブルス3勝を挙げる。自己最高世界ランキングはシングルス1位。

史上10人目の生涯グランドスラム達成者。グランドスラム優勝5回,準優勝5回。2004年WTAツアー選手権優勝。ロンドンオリンピック銀メダリスト。

maria-sharapova-remove-bra.jpg

また、この写真にもあるように、モデルとしての活動もされております。
好きな日本食はしゃぶしゃぶと抹茶アイスだそうです。

では、本題に。

マリア・シャラポワ選手が10年間にわたって服用していた「メルドニウム」について、
どんな効果があるのか、調べてみました。

メルドニウムを簡単にいうと・・・・






・ホルモン調整薬
・代謝調整薬

とのことです。なぜ、これが禁止薬物になるのか?それは効果がスポーツ選手にとっては喉から手がでるほど、欲しいものだからです。
※ちなみに、「メルドニウム」が禁止薬物として認定されたのは、2016年になってからです。


メルドニウムを服用した際の効果は・・・

・体液性免疫の活性化
・心臓保護

要は、心肺能力が上がり(体力が上がり)、試合中も疲れにくくなる効果があります!
マリア・シャラポワ選手のテニスでいえば、試合の後半に相手は疲れてても、自分は疲れていないという状態になります!

スポーツは神聖なものであり、服用することで不平等になるので、禁止薬物としての措置は正しいかと思います。


実際に「メルドニウム」でドーピングの失格者はいるのだろうか?
(2016年から禁止薬物になったということは、まだ、3カ月あまりですが・・・)

■失格者1
ロシアの自転車ロードチーム『カチューシャ』の2名の選手
メルドニウムによるドーピング違反・失格者

処分内容
45日間、レース出場停止処分(可能性レベルですが)

■失格者2
ロシアのフィギュアスケート選手

処分内容
2016年の世界選手権の欠場


2つの実例からも、マリア・シャラポワ選手のすぐさま引退はないのかなって思います。
ただ、数試合の出場停止処分等はあるでしょうが。


そもそも・・・・
禁止薬物の追加になったことって告知されているのだろうか。
プロスポーツ選手だと、その辺りの管理も自分自身でしなければいけないのでしょうけど。
(風邪薬の成分も、ものによっては、禁止薬物に指定されているようですし。)



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。