So-net無料ブログ作成

ちょっと調べてみた!3年に1度のブルームーン [プチネタ]

スポンサーリンク




こんばんは。DAIです。

今日は、ちょっと調べてみた!シリーズから。
7月31日(7月の最終日)は、3年に1度の「ブルームーン」と言われる現象なのです。
Bule moon.JPG







そもそも、ブルームーンとは何なのか?
ひと月に2度現れる満月のことを「ブルームーン」と呼びます。
ちなみに2015年の7月2日に1度目の満月が現れており、その2度目が31日にあたります。

本来青く見える月をさす言葉で、火山の噴火や隕石の落下時に発生するガスや塵などの化学物質の影響により 本当に月が青く見える様子をそう呼んでいました。

こうした現象は極めて珍しい現象であることから北米などでは「とても稀なこと」を表す慣用句として"once in a blue moon" などどして使われるようになったと言われています。

一部では「ダブルムーン」と読んでいた名残という説もあるようですが、とても珍しいことを意味する言葉として使用されることがあります。

本当に青い月なのかと思えば、1ヶ月に2回満月が現れることを指すそうです。







スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。