So-net無料ブログ作成
前の2件 | -

ちょっと調べてみた!テニスのシャラポワのドーピング!? メルドニウムについて

昨日から今日にかけて、ニュースになっている
テニス界の妖精「マリア・シャラポワ」選手のドーピング陽性に関して調べてみたいと思います。



まずは、マリア・シャラポワ選手について
8243348.jpeg





ロシア・西シベリアに位置するチュメニ州ハンティ・マンシ自治管区・ニャガン市出身の女子プロテニス選手。これまでにWTAツアーでシングルス29勝、ダブルス3勝を挙げる。自己最高世界ランキングはシングルス1位。

史上10人目の生涯グランドスラム達成者。グランドスラム優勝5回,準優勝5回。2004年WTAツアー選手権優勝。ロンドンオリンピック銀メダリスト。

maria-sharapova-remove-bra.jpg

また、この写真にもあるように、モデルとしての活動もされております。
好きな日本食はしゃぶしゃぶと抹茶アイスだそうです。

では、本題に。

マリア・シャラポワ選手が10年間にわたって服用していた「メルドニウム」について、
どんな効果があるのか、調べてみました。

メルドニウムを簡単にいうと・・・・






・ホルモン調整薬
・代謝調整薬

とのことです。なぜ、これが禁止薬物になるのか?それは効果がスポーツ選手にとっては喉から手がでるほど、欲しいものだからです。
※ちなみに、「メルドニウム」が禁止薬物として認定されたのは、2016年になってからです。


メルドニウムを服用した際の効果は・・・

・体液性免疫の活性化
・心臓保護

要は、心肺能力が上がり(体力が上がり)、試合中も疲れにくくなる効果があります!
マリア・シャラポワ選手のテニスでいえば、試合の後半に相手は疲れてても、自分は疲れていないという状態になります!

スポーツは神聖なものであり、服用することで不平等になるので、禁止薬物としての措置は正しいかと思います。


実際に「メルドニウム」でドーピングの失格者はいるのだろうか?
(2016年から禁止薬物になったということは、まだ、3カ月あまりですが・・・)

■失格者1
ロシアの自転車ロードチーム『カチューシャ』の2名の選手
メルドニウムによるドーピング違反・失格者

処分内容
45日間、レース出場停止処分(可能性レベルですが)

■失格者2
ロシアのフィギュアスケート選手

処分内容
2016年の世界選手権の欠場


2つの実例からも、マリア・シャラポワ選手のすぐさま引退はないのかなって思います。
ただ、数試合の出場停止処分等はあるでしょうが。


そもそも・・・・
禁止薬物の追加になったことって告知されているのだろうか。
プロスポーツ選手だと、その辺りの管理も自分自身でしなければいけないのでしょうけど。
(風邪薬の成分も、ものによっては、禁止薬物に指定されているようですし。)

ちょっと調べてみた!カードローンに関して [プチネタ]

最近、TVを見ていると、カードローンのCMを良く見ますよね?
東京三菱UFJや三井住友、モビットやアコムと・・・・

実際、銀行の名前のカードローンって、実は裏にプロミスやらアコムが保証会社として入っているんです。

■三井住友カードローンの保証会社
SMBCコンシューマーファイナンス ← 実はこれは、プロミスです。

■東京三菱UFJの保証会社
アコム


そもそも、保証会社ってなに?って思いますよね。
簡単に説明すると・・・・





保証会社とは担保や保証人を不要とする代わりに、保証会社が銀行への保証を行うものであり、
万が一にも返済が出来なくなった場合には、保証会社が代わりに返済を行うような流れになります。

保証人が不要だからといって、誰でもカードローンが組めるというわけではないんです!!!
各保証会社の審査に通過しなければ、カードローンは組めません。

ただ、審査といっても、信用情報等を確認して「返済能力」があるかどうかの確認だけです。
(だから、CMでは、最短30分とか言えるんです。)

審査内容は簡単に言うと、この3点

・他社の借り入れが多すぎないか
・収入は安定しているか
・過去に何か金融事故を起こしていないか
(もちろん、他にもありますが)

信用情報には事故情報も無いのに、現状の返済はどこも遅れていないのに、特定の保証会社が絡む審査に通らない方がいます。

なぜかというと






各社ともに、「社内ブラック」という情報を保有しているからです!
通常、過去に何かあっても(債務整理や自己破産等)、一定期間がたつと、信用情報機関の履歴は消えます。

しかし、「社内ブラック」とは、各社が独自に保有している「返済遅延者リスト」や「債務整理者リスト」のことを指し、これは信用情報機関のリストとは異なり保有期間が設けられていません。
最悪の場合は、一生ネガティブな情報が残ります。

社内ブラック」には、過払い金の請求等をしている人のリストもあるようです。

今まで、カードローンを利用したことがなく、企業に勤めている方なら、ほぼ、審査は通りますよ。


■実際にカードローンを利用する手続き
WEBで申し込み
   ↓
審査結果の連絡
   ↓
カードの受け取り or 口座入金

本当にシンプルです。
カードの受け取りに関しても、無人の機械でTV電話でお話と身分証明書ですぐに発行してもらえます。
(無人の機械は、銀行系であれば、銀行のATMコーナー付近にあり、BOXなので、中が見えないようになってます。)



簡単に借入ができてしましますが、借金ですので!!!

自分のお金ではないことを理解した上でご利用くださいね。
(利用しないのが、一番良いですが。)
前の2件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。